忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

設定 続き


一応GoogleAnalyticsのモジュールにチェックを入れておきました。よくわからん(笑)。次はオプション。このオプションのページには、セッティングを受け継ぐ、Processexcerptwithplugins、デバック、Headspaceを削除が表示されています。デフォルトで、セッティングを受け継ぐと、Processexcerptwithpluginsにはチェックが入っています。
デバッグ・・・?。ハイ、調べます。デバッグとは、IT用語辞典によりますと、コンピュータプログラムのバグ(誤り)を探して取り除いていくれるそうです。・・・なぜデフォルトでチェックしていないんだ?、これは大切じゃないの?バグを取り除くのって・・・。
デバッグはプログラム開発過程において非常に重要な意味を持つって書いてあったですし・・・。
・・・となると、プラグインのオプションのデバッグにもチェックを入れてオプションの更新の必要がありますね。次はインポート。このインポートページの設定は、{ワードプレスの他のプラグインからのメタデータを取り込みます。この作業には他のプラグインが有効化されている必要はありません}。ふむふむ・・・、ちょっとインポートしてみっか^^。・・・ん?!、いかなるデータベースの修正と同様、インポート前には必ずデータベースのバックアップを行ってください。
・・・バックアップするくらい重要な情報はないから大丈夫^^。ひとまずメインブログでインポートをしてみよう。・・・してみたけど、0から0がインポートされましたという表示。インポートできたの?(笑)。ま、いいや♪。インポートしたした(笑)。
次は実験サイトのインポートも行ってみようと思います。0から0にインポートされたようなので(笑)、もう設定はこれで終わらせることにします。疲れました・・・。慣れないことと、知らない単語が出てきて調べて理解しながらや、一か八かでなんとか設定完了しました^^。

完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
記事投稿を1つのブログに「一点集中」させYahoo(=Google)での評価を高める
SEO目的URLとコンバージョン目的URLの違い。SEO集客UPと受注UPの両立
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
「Yahoo!SEO」と「Yahoo! SEO」ではYahooの検索結果は異なる。
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
もう少しで分散したメインSEOブログ群の完全引越し(集中)が完了。脱SNS、ブログ集中の独自路線
SEOサービスに順位保証は無い。故にSEO玄人のサービス選ぶ事が大事に
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
PR