忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

除外


そうそう、数日前から悩んでいたこと。GoogleAnalyticsで、自分のアクセスを除外する方法はないものかと。「アナリティクス 自分のアクセスを除外」というキーワードで検索してみた結果、Googleヘルプ関連のページが検索結果に表示されることはありませんでした。少し違うキーワードで検索すればもしかしたら出てくるかもしれませんが、上記のキーワードの検索結果には表示されませんでいた。ということで、検索結果に一位に表示されていたブログを見てみようと思います^^。
「Googleアナリティクスでアクセスを除外する3つの方法」という記事です。アクセスを除外する方法は3つもあったのですね。①IPアドレスからのアクセスを除外。②Cookieを利用したアクセス除外。③ブラウザにインストールするアドオンでのアクセス除外。坊主社長のWebマーケティングブログというブログの情報です。それぞれの手法にはメリット・デメリットがあるそうです。

各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
コンテンツと関連する発リンクの数は多い方が良いか?SEO効果小さい
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO
SEO対策中に社会問題化したキーワードでのサービス継続利用は御断り
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
印刷媒体プレゼンス低下、Web存在感。外部環境変化と広告宣伝費配分
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定
Google SEOの価値
リンクジュースは昔ほどサイト内全域に流れ込まず。SEO戦略転換必要
新規の独自ドメインでも直ぐに検索エンジン経由の「集客数」増やせる。中古ドメイン不要
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
有害URL・虚偽記載サイトの順位を落とす逆SEOも対応可。風評被害対策

苦手意識を克服する方法
ヒプノ セラピー 東京

解脱に至る方法とは
悟り
悟り を 開く
PR

いやぁ


メインブログのインデックス数、おもしろい位に日に日に減っていておもしろい位です(怒)。これでお分かりかと思いますが、Googleは文字数が少ない、情報量が少ないコンテンツを低く評価します。被リンクがどうのというのではもうなくなってきたということです。いくら被リンクを獲得していたって、コンテンツがしょぼいと、Googleからの評価が下がるのは必至です。私が自信を持って断言します(笑)。
メインブログをたまに見返して思う事。実験サイトに力を入れるようになってから、メインブログをたまに見返すと、ブログというより日記かつぶやきか一口メモ状態(笑)^^;。以前はそれが良くて好きだったんですけどね・・・。人間変わるものですね^^;(笑)。実験サイトに力を入れれば入れるほど、どんどん実験サイトの方に愛情をこめてしまっていることに気づきました。うちは間違っていたようです・・・。文章が長いと読んでもらえないと思っていましたから・・・。
逆でした。

引越し元の1代目「トンちゃんYahoo SEO対策ブログ」がヤフー検索で「Yahoo SEO」1位を取ってしまった
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する

自己改革・自己変革の一手段
ヒプノ セラピー

美容整体で出来る事とは?
骨盤 矯正 梅田
整体 梅田

要らなくなった不用品をリサイクルで現金化する、愛媛県松山市
出張 買取 松山
処分 松山
廃品 回収 松山
液晶 テレビ 買取 松山

米国サイトでお買いものを代行するサービス
米国 購入 代行

Google Webマスターツール最適化と検索エンジン最適化は違う。SEOとは
弊SEOサービスの多くは2階建ての契約。1階部分の契約は終了後も残る
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大

クエリ


実験サイトのクエリ数がまた少し増えていました。5月18日より3増えていました。5月18日以降、実験サイトの記事は、5月20日に1記事だけアップしています。5月20日更新した記事の文字数は頑張りました。うちの最高記録だはないですかね。1,000文字を越していました。うちったらやればできるじゃないか♪^^(笑)。文字数を増やすことによって、文字数が多ければ多いほど、Googleからの評価が高くなるということに気付かないままだったら、ずっとメインブログのような記事で、ほぼ毎日更新して満足していました。
メインブログのような記事というのは、文字数が少なくて、写真は多くほぼ毎日更新するというやり方です。そうではなく、実験サイトのように、文字数を増やして更新していくやり方の方が、Googleからの評価が高い、高くなるということを、自分自身で気付くことが出来たことが大きいと思います。いくら周りが、「文字数増やした方がGoogleからの評価が高くなるよ」とアドバイスをくれても、にわかには信じられませんし、何より自分の考えもあるので、その考えを譲りたくないのです。頑固者なもので^^;(笑)。しかし、うちのやり方ではなかなかGoogleからの評価が上がらない・・・。
ならばちょっとばかしやり方を変えてみるとするか・・・と文字数を臆して、アフィリエイトタグを埋め込んだ記事だけを更新する実験サイトに力を入れてみることにしました。
するとどうでしょうか・・・、Googleからの評価が低い、低くなると言われていたアフィリエイトタグを埋め込んだ記事なのに、どんどん評価が高くなっていくではありませんか。信じられない・・・というか信じたくないだけだったのかしれません。
文字数よりも更新頻度だとかたくなに思っていましたから。それなのに相反して更新頻度の低い実験サイトの評価が高くなっていくのを目の当たりにして、嬉しくもあり、悲しくもありました^^;。

多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
SEO対策は「検索エンジン集客に向いた媒体、ブログ・HP等」で行う。SNSはSEO集客に向か無い
ビジネスブログの記事。ブログは「質」を固定、ミニブログは「量」を固定。ブログは必ず独自ドメインで

過去世を知る方法
催眠 前世

家の大掃除で発生した大量ゴミの処分に
ゴミ 回収 松山

スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
タイトルテキストは前方と後方に区分し記述内容を分ける。TitleのSEO
Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい
被リンク対策とリスクはセット。末端URL群でSEO集客しリスク限定
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
「高度な技術」が本当に必要とされるのは被リンク対策。内部対策に非ず
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
競争相手が弱く少ないキーワード早く順位上がる。競合強く多いと遅く